最近、iPhoneアプリの「ディグディグ」にハマっている。
ただひたすら地下を掘り進めるだけという単純明快な内容なのに、なかなかどうして面白い。
タイトルが往年の名作「ディグダグ」ぽかったり、コンセプトがミスタードリラーに若干似ているが、敢えてそこにツッコミは無用だ。
で、どんなゲームなのか。YouTubeにUPされている動画がコレ。

音楽、テンポ共に軽快で気軽に遊べるのが良い点。
回数制限のあるツルハシを強化し、硬い岩盤や爆弾などを瞬時に判断してホリ・ススム。
現在のところFacebookとの連携がイマイチな感じなので改善を望みたいが、そこを踏まえても簡単な操作と内容故、誰にでも楽しめる良ゲーと言える。個人的にお勧め。

APPストア
ディグディグをダウンロード


831

2011年度のクラブニンテンドープラチナ特典「ドットマリオクッション」が届いた。
だからナニ?って感じの出来だが、まあいいか。


614

昨年末から3DSのマリオカート7にハマっているのですが、ソフトの肝であるネット対戦でやたらとバグショートカットを使う輩がいてゲンナリしてます。
4戦全部ウーフーアイランド2を選ぶとか何なのマジで。
そりゃ仲間内で何でもアリという認識でプレイするならイイけど、相手がその方法を知ってるかどうかも分からない状態でズルするのって常識的にどうなんすか。
子供がやってんなら仕方ないと思えるがそうでもないようだし。アレで勝って嬉しいのかポイントを貯めたいのか知らんが、やられた方は萎えるんだよ。
任天堂も仕様とか言って問題を投げ出してるようだから解決策はないわけで。
彼等のやり口に追随する気はないのでこのまま泣き寝入りするしかないか。
ゲーム自体は本当に面白いのにそこが残念。


クラブニンテンドーの2009年度プラチナ会員特典が届いた。
今回はコレ。
20100423632-001

懐かしの「ゲーム&ウォッチ ボール」の復刻版。
ゲーム&ウォッチ(通称ゲームウォッチ)と言えば僕等の世代がファミコン誕生前にハマってしまった携帯ゲーム機の元祖。
確か1つ上の従兄弟がオクトパスを持ってて、僕はシェフを所有してたんだよなあ。ボールは誰が持っていたのか忘れたが遊んだ記憶はある。
他にも2画面を駆使するドンキーコングが登場した時とか「こ、こんなゲームが手軽に出来るとは!」とビックリしたものだ。
特にハマっていたのはシェフで毎日アホみたいにプレイした挙げ句、母親に取り上げられたりもした。
どれも単純な内容&動きながら熱中しちまう魅力溢れる代物だったね。
20100423633-001

せっかく手にしたんでちょこちょこと遊んでみよう。