走ってきました、東京マラソン。
前日はwktkが止まらないのか殆ど眠れず10分位しか睡眠がとれなかった。
握り飯を2個腹に投入後モモノフ仕様のウェアを着込み、いざ新宿へ。
多少、余裕を持って現地着。着替えを済ませ荷物を預け、早目にスタートブロックKへ赴く。
2011年に参加した際はブロックJの為、真横が新宿中央公園で仮設トイレが沢山設置されており整列後も一応は利用可能だったのだが、今回は防犯上不可とアナウンスが。
用を足してから並ぼうとするもブロックKに指定された寂れた公園にはトイレがなく、風吹きすさぶ中を長時間待たされそのままスタートの号砲を聞くことになってしまった。
軽い尿意とそれを放出できないジレンマからくる殺意を抱えながら18分程とぼとぼ歩き、やっとスタートラインに。さあ、走り出す時が来た…のだが、大変タイムリーな口滑らせジジイこと森喜朗氏が我が眼に入ってきたのでiPhoneのカメラですかさず激写!
しかし、そちらの方に気を取られて腕時計のストップウォッチとiPhoneのランニングアプリの起動を忘れるという重大な過ちを犯してしまい、自分がどれくらいのペースで走っているか(キロ何分など)分からないまま東京ビッグサイトまでルッツラゴー!
前半は足取りも軽く、大都会東京のど真ん中を颯爽と突っ走る(ジョギング程度のスピードだが)
そして10キロ手前位だったか、沿道でマーチングバンドが「行くぜっ!怪盗少女」を演奏していて、ついつい走りながらフリコピ。
なんなら乱入して踊ってやろうかと思ったが、さすがにレース中なので自重。
15キロの折り返し地点を過ぎてもなお調子が良く「意外とこのままイケんじゃねーの?」と楽観視していたが、20キロ手前辺りから右足首に痛みを感じ徐々にペースダウン。
更にスタミナも完全に枯渇。浅草寺近辺ですでにヘロヘロ。3日前から炭水化物の摂取量を増やすカーボローディングをやったのに…やはり練習で付けるスタミナがないとダメってことなんだろう。
それでも足を前に突き出す事だけは止めず、脱水症状からくる頭痛とも闘いながら給水と給食を全部取り気合で乗り切った。
途中何度も立ち止まろうと思ったが、僕の格好を見て沿道から「ももクロ頑張れ!」等と声を掛けてくれたので諦めずに走り続けられたのだと思う。
ただ、中には「ももいろクローバー…」とこちらに「ゼ~ット!」を強要してくる方がいたりして有り難いというか何というかΣ(・∀・;)
心残りなのは20キロ付近で「みんなの妹…」に対してすぐに返せなかったこと。恐らくは同志であるモノノフだろうが、すでに体力がなくグダった返答になってしまったのは申し訳なかった。
フラフラになりながらもゴール出来たのも笑顔で接してくださったボランティアスタッフの皆さんや沿道から声援を送ってくれた方々のお陰です。ありがとうございました。
来年以降に参加する機会があればシッカリと練習を積んで走りたいッス。Img_3781

モノノフ仕様 玉井詩織ver.

Img_3802

俺達の森喜朗

Img_3810

みんな知ってるかな、これが東京タワーだよ
 

Img_3817

ザギンを走る
 

Img_3825

 

 

 

浅草寺に群がるランナーども

Img_3827

そそり立つ棒

Img_3822

今回の給食で一番美味かったプチトマト 水分も栄養も補給!

Img_3833

佃大橋?自分で走って確かめろ!

Img_3855

ついに辿り着いたゴール

Img_3879

 

完走メダル

Img_3790

<番外>僕は何故この人の後頭部を撮ったのだろう…

 

 

↓20キロ過ぎてからのペースダウンが半端ないなあ

地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時刻
Time
5km 00:51:15 (0:33:21) 0:33:21 10:01:15
10km 01:23:42 (1:05:48) 0:32:27 10:33:42
15km 01:56:59 (1:39:05) 0:33:17 11:06:59
20km 02:31:00 (2:13:06) 0:34:01 11:41:00
25km 03:10:13 (2:52:19) 0:39:13 12:20:13
30km 03:53:44 (3:35:50) 0:43:31 13:03:44
35km 04:36:23 (4:18:29) 0:42:39 13:46:23
40km 05:19:46 (5:01:52) 0:43:23 14:29:46
Finish 05:38:36 (5:20:42) 0:18:50 14:48:36

木曜日に東京マラソンのランナー登録へ行ってきた。
3年前と同じく有明の地に降り立つオレ。これまた同じく膝の痛みを抱えた状態で。
会場内に入るとすでに結構な人混み。羽田から直で来たのか、キャリーケース片手に彷徨く外国人もチラホラ。
登録をサクッと済ませて紙の絵馬に適当なコメントを書き込み、記念Tシャツを貰い受けEXPOへ。
協賛スポンサーの展示場と化している空間に引き込まれるように歩を進め、asicsブースのTシャツ郡に目を奪われる。
同時刻には小出監督のトークショーも。
Qちゃんは今ではお金持ちとか本番で選手が走り出したらもうやることなから酒かっ食らってたって話は面白かった。
誰でもフルマラソンを走り切るスタミナはあるもんだと仰ってたので少し安堵。そう思い込もう。

さて、明日はいよいよ東京の街中を走る一大イベント。
高まって参りました。


20140126-004344.jpg

いよいよ、東京マラソンまで一ヶ月を切った。
な訳で、手元に届きましたよ参加案内が。これでもう逃げられないなと諦めモード。
真夏に東京マラソン当選の報を受けた時は小躍りして喜んだものだが、膝を怪我してからは思うように練習も出来ず憂鬱な日々を過ごしてきたのですよ。
多少なりともまともな走りを披露しようと目論んでいたのにこの有様とはね。
完走目指して頑張ります!的な、参加することに意義がある精神を逃げ道に当日を迎えなければならない現実に憤りを感じるのです。
まあ、今更なにを言っても仕方ないんだが。
とりあえず、ももクロちゃんグッズを着込んで走る予定なんで、下手打たないよう気を付けます。


2011年以来3年振りに東京マラソンを走れることになった。
今までは一般エントリーで申し込んでいたが、2年続けて落選してしまったのでONE TOKYOプレミアムメンバーに登録。年会費が4200円と結構取られるが背に腹は代えられない。
要はファンクラブ先行でチケを取るみたいな感じ。一般のエントリーに先立って定員3000名の抽選が行われ見事当選。倍率は9.1だとか。
丁度痩せる為に6月中旬からランニングを開始していたので前よりはそこそこ走れるのではないかねー。体調管理と怪我には気を付けよっと。
んで、前回は北海道日本ハムファイターズのレプリカユニを着て出場したが、今回はやはりももクロ仕様でいくべきだろうか。
全身黄色でコーディネートされた玉井詩織原理主義者的な格好で大都会東京を駆け抜けてやるわ!フハハッ!


すでに1年前になりますが東京マラソン2011に参加しました。
せっかくの一大イベントだってのにブログのネタにしなのはやっぱ勿体無いんで今更ながら更新しときます。
2010年の8月に軽い冷やかし程度に応募してみたら、よもやの当選。
結構な倍率だってのに変な所で運を使ってしまい走らざるを得ない状況に陥ったのです。
仕方ないのでマラソン教本を買って乏しい知識を見に付け日々練習したら運動不足がたたって両膝に炎症をおこしててんてこ舞いでした。膝にかかる負担を少しでも減らそうとテーピング効果のあるクソ高いワコールのタイツを購入したりと急場しのぎで当日を迎えまして。
で、朝4時半位に起きたのに余裕ぶっこいてテレビを見ていたら電車を乗り過ごしそうになり駅まで走って何とか時間ギリギリで間に合い、焦りまくりながら準備運動もせずスタート!
約3万6千人のランナーに混じり都心のコンクリートジャングルを疾走…や、疾走ってほどスピード感はまるでなかったんだが膝痛を庇いつつも僕なりに頑張って遅いながらも完走したのです。
銀座とか浅草雷門とか色々と名所を通り過ぎたが、んなもん見る余裕なかったョヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
タイムは5時間31分43秒。給水するとき以外は歩くことなく走りきった自分を褒めてあげたいし抱きしめてそのままクラッチを組みフロントスープレックスで後方へブン投げてやりたい気分。
しっかしまあ、ゴールするまで時間掛かりました。7キロ過ぎには早くも足の裏がベロベロに剥けるわ喉は渇くわ腹は減るわで。゚(゚´Д`゚)゚。帰宅後に確認したら両足の小指に血が溜まって腫れてえらいことになってたし。。
給水と給食は全部取ったんだけど、35キロ辺りだったか人形焼を配っててさ。コレ食ったら口の中がパッサパサになって辛いだろうから遠慮しようとしたんだが事前に東京マラソン関連のブログをぐぐったら名物みたいなこと書いてあったんでついつい口にしちゃったんだよね(しかも2個渡された)
で、予想通り口ん中パッサパサで水分全部持ってかれて。
こりゃたまらんと給水所で水を貰おうとしたら「すいませーん!水はなくなりましたー!」とか言われましてね(#・∀・)ちょっと行った先に沿道でコーラを配ってる人がいてそれを頂き事なきを得ましたがアレはヤバかったわ。石原慎太郎の罠だったんでしょうか。
まー、そんなこんな有りながらもいい経験に、いい思い出になりました。
北海道日本ハムファイターズのレプリカユニを着て走っていたら疲れて心が萎えそうになってる時に「ファイターズ!頑張って走れよ!」とか声掛けられて泣きそうになったりしたし。
ボランティアスタッフの方々や沿道で声援を送ってくれた観客の皆さんには感謝致します。
今年は抽選に外れたんで来年は参加したいね。

755

東京マラソンという名のデスゲームに参加する奇特な人々をスタート地点でパチリ。

756

ゲート付近に石原慎太郎氏が。SPの隙を付いて小突いてやりたかったが遠かったので手を出せず。

758

東京タワー。この時点で足の裏がベロベロ。以後、写真を撮る余裕が出ず。

757

35キロ過ぎ辺りかな?疲れて歩いている人が多いので間を縫って走るのが大変。

759

完走メダル。