統一球問題について物申す

さて、、本日話題にするのはプロ野球の統一球問題である。
2011年から導入された世界に合わせたらしい低反発の飛ばないボールを今季から球団・選手及びファンに公表することなくNPBが独断でソッと飛ぶボールへと変更していたことが明らかになった。
ボールが飛ぶ飛ばないってのは選手にとって死活問題。投高打低になったことによって選手生命を終えた人もいただろうに。
勿論、プロ野球だってエンターテイメントの側面はあるのでバカバカとホームランが出たりした方が観客が盛り上がるってのはある。この2年間、打者が苦労したから低反発の微調整を行うってのも、ある意味理解は出来るわけで。でも、そうならちゃんと公表するべき。
そうすりゃ球団も選手も対策が取れるから契約や補強も変わったろうなと。
しかも、統一球の制作元であるミズノには変更した事を公表するなと圧力をかけていたってのも酷い話。どこまで隠蔽体質なNPBには腹が立つ。
加藤コミッショナーは責任を取って辞任すべきであるのに、先程開いた会見では不祥事の認識はなく辞任もしないと平然と言い放ちやがった。
こんな輩がトップに立っている団体に未来があるのだろうか。前任の根来氏にしてもそうだが、野球に何の関係も思い入れもない人を頭に据えたところで日本野球界の為に尽力するとは到底思えない。それじゃあ、代わりにプロ野球OBを就任させれば万事OKかと言えばそうではないのだが少なくとも今よりはマシになろうて。
この問題はなし崩しにするのではなく、加藤氏にキッチリと落とし前を付けさせなければダメだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。